感じたままを気ままに・独断と偏見で書いております。(承知の上お読み下さい)
0
    もったいない…
    突然ですが、最近とても気になっているニュースが一つあります。

    それはセブンイレブンの商品値引きの不当制限問題です。

    現在日本は5800万鼎凌料を輸入しています。
    ですが、日本は1940万鼎發凌料を廃棄しています。

    これはセブンイレブンのオーナー達が賞味期限に近づいてきた弁当などを、割引して販売することに対して、セブンイレブン本社が圧力をかけて割引販売に待ったをかけたところ、公安取引委員会で「値引き制限は不当」と言われたことにセブンイレブン本社が反発している問題です。

    なぜセブンイレブンが値引き制限をするのかというとそれには巧妙なからくりがあります。
    @300円の弁当を10個本部から仕入れたとし、定価は@500円とし、ロイヤリティは40%とする

    ◆弁当が7個定価で売れて、残り3個は廃棄した場合◆
    売上高    +3500
    売上原価  -2100 ←7個しか売れていないのでセブン方式では7個しか売原に入れない
    -----------------
    売上総利益 +1400 ←ここにロイヤリティをかけるのでロイヤリティは 1400*0.4=560
    弁当廃棄損 -900
    -----------------
    純利益    +500 ←普通利益といえばこれをイメージするがここにロイヤリティをかけないのが特徴
    支払ロイヤリティ -560
    -----------------
    トータル    -60 赤字

    ・つまり廃棄損はロイヤリティ計算の考慮に入れない
    ・本部は定価で売れた弁当分だけロイヤリティを搾取してメシウマ、廃棄損は全額加盟店がかぶる

    ◆弁当が7個定価で売れて、残り3個は@1円に値下げして店主が買い取りそのまま捨てた場合◆
    売上高    +3503
    売上原価  -3000 ←形式上10個売れているのでセブン方式でも全部売原算入されてしまう
    -----------------
    売上総利益 +503 ←ここにロイヤリティがかかるがロイヤリティは 503*0.4=201
    弁当廃棄損   0
    -----------------
    純利益    +503
    支払ロイヤリティ -201
    -----------------
    トータル    +302 赤字回避 (&店主の財布は3円赤字)

    ・これをやられるとほぼ廃棄損相当額がロイヤリティ計算に実質的に含まれてしまう。

    つまり売れ残ったお弁当は割引販売せずに捨てたほうが本部が儲かる。(販売店は損をする)

    さらに、売り切れが続くとセブンイレブン本社から「販売契機を逸している」として忠告されてしまいます。

    つまり無理やり余る量を本部から仕入れなければならないのです。

    なお、対策としては廃棄に関しては15%の約100億円を本部が負担すると発表しましたが、残りの約670億円は販売店の負担になるため、やっぱり割り引いてでも販売した方が販売店としては儲かります。

    セブンイレブン天国だった秦野市の中でセブンイレブンが潰れていく理由がわかったような気がしました。

    このご時世非常に「もったいない」事を続けているセブンイレブン本部の体質が変わることを強く願います。

    | タキさん | 社会 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ